第31回国際福祉機器展 MENU
移動機器ゾーン

第31回国際福祉機器展

■■■
 移動機器ゾーン


 最もカッコイイ展示の多かったのが、このゾーンでした。パラリンピックで日本勢が活躍した影響か、スポーツタイプの車いすが充実していて、若い車いす来場者も、ここでは多く見かけました。一人の男性は、テニス用車いすの展示を、長い時間熱心に見ていました。
また、パーツを組み合わせて作る、自分の身体に合ったオーダーメイドの車いすが、印象的でした。


ニチイ学館
「ユーロチェア/パーツ」


株式会社アクセスインターナショナル
「クイッキーオールコート」


スポーツタイプ車いす

 

ニック株式会社 マラソン用「SPEED KING」


↑テニス用「SMASH」

↑ダンス用「2-STEP」

日進医療機器株式会社  レース用車いす「廣道純モデル」


ジュラー車いす

有限会社ムーブ
特殊なポリエステル繊維(banexa)を使用し、適度な弾力性と効率良く体圧を分散する構造。メッシュ状のファブリックなので、通気性に優れる。


ラリーベーシックモデル


ラリートップモデル

ラックヘルスケア株式会社

スウェーデンを始めとする北欧で、指示されている車いす。年齢、身体状況に合わせ、幅広い商品を開発。

 
下の2枚の写真で解説しているのは、立ち上がる事のできる車いす。

 → 

ニチイ学館  「ユーロチェア」組み立てパーツ
利用者の状態や体型に合わせた寸法、パーツを選択して組み合わせる車いす。各部に調整機能があるので、細部の調整が可能。サイズが合わない車いすを使い続けると、背骨のゆがみなど、二次障害の恐れもあるので、注意が必要です。

  





カーショップクルール  〒409−3866 山梨県中巨摩郡昭和町西条15-1  TEL:055-240-7676  FAX:055-240-7677
©2004 Couleur Allrights reserved